出川組のみんな!これを機に「板取引」を使いましょう。

スクリーンショット 2018 01 30 9 47 01

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

販売所と板取引は、ざっくりいうとこんな違いです。

  • 販売所:運営企業が仕入れたコインを、ユーザーが購入する。売却する場合は、運営企業が買い取る。
  • 板取引:ユーザー同士で売買をする。運営企業は取引の場を提供し、手数料を稼ぐ。

板取引のデメリットはここらへん。

  • ズブの初心者にはわかりにくい
  • 大量に購入・売却したい場合に、短時間でさばけない可能性がある
  • サーバー負荷が大きい

coincheckとbitFlyerの販売所形式は、初心者が少額買う場合には「あり」です。慣れてきたら板取引の方にいくでしょうからね。

悲惨なのは、スプレッドに気づかず何千万も売買しているパターン……。

スプレッドを勘定に入れないと「儲かってるはずなのになぜか利益が少ない」ということになります

暴落・暴騰時はスプレッドが拡大する傾向があるんで、狼狽売り・イナゴ買いしている人は注意ですね……。

海外の取引所は板取引が基本です。というか、現物売買で販売所形式やってるところは見たことないです。

日本もこれを機に板取引が基本になるといいですね!

個人的にはZaifbitbankBinanceをおすすめします。この3つで開設しておけば、まぁ大抵のコインは揃うでしょう。

関連記事:【ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

LINEで仮想通貨ニュース配信中!

友だち追加数

仮想通貨、ハマってます。

おすすめ銘柄まとめ

おすすめ取引所ランキング

無料仮想通貨まとめ

イケハヤ流・資産運用の始め方

今日も元気にツイート中。


!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”https//platform.twitter.com//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”);

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。