トークンエコノミーを考える例題:ラジオサービス「Voicy」がトークンを実装するなら?

スクリーンショット 2018 01 30 18 35 49

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


どうでしょう?イケハヤは割りとセンスありませんか?w

これからはこんな感じで「トークンの設計」を考え、構想を実現していく仕事が重要になっていきます。面白いですよね〜。


みなさんのビジネスでトークンを発行するなら、どんな設計にしますか?

用途はなんですか?通貨型、ユーティリティ型、配当型、会員権型……色々考えられますよ。

イーサリアムにしますか?NEMにしますか?NEOかWAVES?

はたまた自分でブロックチェーンを立ち上げますか?採掘アルゴリズムはどうします?ASIC耐性あり?CPUマイニングのみにする?

発行量はどうします?burnやbuybuckはやりますか?

トークンはひとつで大丈夫ですか?複数のトークンを組み合わせることで、より効果的な経済システムをつくりだせるかもしれませんよ?


技術的な知識はもちろん、経済に関する知見も求められる高度な仕事です。

というわけで、トークンを自社サービスに組み込もうとしている方は、イケハヤにお気軽にご相談ください。

面白そうなプロジェクトなら、無償で首突っ込みますよ〜。




Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。