【よくある間違い】ハードウェアウォレットの中に、仮想通貨は保管されていません。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


「ウォレット」というからややこしいんですよね……。

イメージ的にはこんな感じ。ハードウェアウォレットはあくまで「ブロックチェーンにある資産へアクセスするための鍵」です。

「コインのデータ」はこのなかにはありません。USBメモリとは違うわけですね。

1台で複数の通貨に対応しているので、鍵が束状になっているとも理解できます。

スクリーンショット 2018 02 01 8 09 41

あくまでデジタルな鍵なので、復元することもできます。

スクリーンショット 2018 02 01 8 12 03

重要なのは端末よりも、パスフレーズである」ともいえます。大石氏のこれ、マジでありそうですね……。

https://platform.twitter.com/widgets.js


ちなみに、これはソフトウェアウォレットについても同じことがいえて、ソフトウェアのなかにコインが保管されているわけではありません。

「コインのデータをダウンロードして保管している」わけではないんですね。


ソフトウェアウォレットについても、あれはあくまで「鍵」のようなものです。

なので、ウォレットが壊れても資産はなくなりません。資産自体はブロックチェーンに変わらず存在するので、鍵を復元すればいつでもアクセスできます。

ソフトウェアウォレットは「資産にアクセスするための鍵」であると同時に、通過によっては様々な機能も付加されています。

以下はNEMの「nano Wallet」。いろいろ面白い機能があるので、ぜひ遊んでみてください。

スクリーンショット 2018 02 01 8 28 03

関連記事:取引所(coincheck、Zaif)から「NEM(XEM)」をウォレットに送る方法。


鍵を自分で管理する。

そう考えると、仮想通貨の管理というのは「鍵の管理」に似ているということがわかりますね。

ブロックチェーンである以上、「お金のデータ」自体がなくなることはありえません。

しっかり鍵を管理しておけば、永続的にその資産にアクセスできるわけですね。


そもそも論ですが「ウォレット」って微妙にニュアンスがずれてるんですよね……。

性質的に考えると「財布」というか、「鍵(キー)」なので。用語的には「ハードウェアキー」「ソフトウェアキー」の方がわかりやすいのかな、とも思います。


ハードウェアウォレットのおすすめは「Ledger Nano S」です。日本では正規代理店があるので、ここから買うのがいいでしょう。本家から輸入すると割安なので、英語ができる方はどうぞ。

正規代理店でLedgerを買う


こちらも合わせてどうぞ。

関連記事:やっておくべし!仮想通貨のセキュリティ対策まとめ。




Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。